Michiko Sago Official Site
Home Exhibition Work Profile Blog


現代・陶芸現象
「茨城県陶芸美術館」

2014/9/13~11/24
美しすぎ 気持ちわるすぎ 妖しすぎ
日本の「現代陶芸の現在」を見渡してみると、装飾過剰なもの、シンプルなもの、伝統をベースにに創造性を加えていくもの、伝統的なオブジェの系譜につながる造形表現の新たな展開を示すものなど、様々な表現が見られます。

そして陶芸の制作プロセスを踏まえ、新たなフォルムや装飾といった造形表現に大きく踏み込み活躍する多くの作家が、様々な地点から新たな「現代」を創出しています。

本展では、日本における現代陶芸の現在を「現象」として捉え、現代陶芸の技術の高さと美しさだけにとどまらない表現の幅広さとその魅力を、出品作家69名、作品総数144点により余すところなく紹介します。

Topへ戻る


「THE DRIVE ART EXHIBITION」開催
東京・青山の spiral1F「スパイラルガーデン」

2013/04/17~23
SPIRAL 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
5-6-23 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo TEL:03-3498-1171
Arts WEB
Giuliettaにインスパイアされた「THE DRIVE ART 」始動

Topへ戻る


 兆し

 Gallery O2
2012-09/22~10/02
初日、22日(土)17時~ アーティストトークとドリンク会
27(木)休廊

作家本人がが個人的体験から着想を得たという「瑞祥」と名付けられた作品。

すっくと立つ竹に、縦横にまとわりつく竹の実や花。

永久の吉兆を願う祈りのかたちは、白無垢のこころが宿るオブジェとなて現れた。

「Happiness」を主題にした新作陶磁のオブジェを是非ご高覧ください。

Gallery O2
〒150-0031 東京都渋谷区恵比寿3-3-8

Topへ戻る


Harmony 「MA2 Gallery」

 MA2 Gallery
2012-07/14~08/12
ガラスとセラミック。
それぞれの素材としての脆さ、繊細さ・・・。

ひとりでも多くの方々にふたりが奏でる「ハーモニー」に心を寄せ、きらめく芳醇な響きに酔いしれてほしいと思います

3-3-8,Ebisu, Shibuya-ku, Tokyo,
Japan 150-0031
〒150-0031 東京都渋谷区恵比寿3-3-8

Topへ戻る


「I AM GIULIETTA , THE DRIVE ART」

 表参道ヒルズ
2012-02/09~
Arts アルファロメオ「ジュリエッタ」発表に際し
「THE DRIVE ART」が展開されます。

情熱的な美を有するGiuliettaのイメージをアート、デザイン、ファッション、ミュージックなどさまざまなジャンルで表現するプロジェクトです。私を含め13組の若手アーティストが参加します。
それぞれのアーティストは実際にGiuliettaに試乗し、Giuliettaの個性をダイレクトに体感したうえで、「Giuliettaへのオマージュ」として、オリジナルの作品を生み出します。

「美」「驚」「艶」「健」「妖」「華」「優」「絆」といったGiuliettaを体現するキーワードを軸に、作品を創作紹介します。
創作にあたっては、「人とクルマ」という双方向の関係性を如実に表現してもらうため、参加アーティストが実際にGiuliettaに試乗し、Giuliettaの個性をダイレクトに体感したうえで、
「Giuliettaへのオマージュ」として、オリジナルの作品を生み出します。


Giuliettaにインスパイアされた「THE DRIVE ART 」始動

Topへ戻る


EMERGING DIRECTORS’ ART FAIR ULTRA 004

 『SPIRAL』東京都港区南青山5-6-23
2011/10/28~10/30
Spiral 「スパイラル」は、ギャラリーと多目的ホールを中心に、レストラン・バー、生活雑貨ショップ、トータル・ビューティ・サロンなどで構成されています。

「生活とアートの融合」をコンセプトに活動しており、現代美術やデザインの展覧会、演劇・ダンスなどの舞台公演、コンサート、ファッションショー、シンポジウムなどアート・イベントを数多く送り出している南青山にある複合文化施設。

株式会社ワコールの100%出資によって設立された株式会社ワコールアートセンターにより運営されています。



Topへ戻る


現代工芸への視点-装飾の力

 東京国立近代美術館 工芸館 /  愛知県陶磁資料館 愛知
2010/01
tokyo
2010年、新春1月 近代美術館で展示頂きました。

普段は大型の作品は少ないのですが、この作品は珍しく大型作品となりました。

飾ることを究極まで追及して、装飾ばかりの作品を目指して細部まで仕上げています。

人が活きることは、飾る事であり、人間生活を取り巻く全ての物が装飾で満たされています。既に装飾は「生きる」事の一部となっています。
セラミックの白、細部のこだわりなどご覧いただければ幸いです。

今後も21世紀における工芸制作と表現活動の可能性を探ります。 
Tokyo

 装飾に対して人類は古くから関心を持ち、土器や衣料に様々な装飾を凝らしています。生活水準が向上するとその技術も向上して、芸術の分野との隔てをなくしていゆきました。現在では生活圏全てに装飾が施されて、人間活動の中では無くてはならないものとなりました。
 新しい装飾の姿を目指して、斬新なアプローチを目指します。

 本展では、「装飾」をひとつのキーワードとして、現代に生きる工芸家に受け継がれた日本人の美意識をあらためて感じ取りながら、21世紀における工芸制作と表現活動の可能性を探ります。



 東京近代美術館工芸館では、近代美術の中でも工芸およびデザイン作品を展示紹介しています。
 建物は、明治43年3月に陸軍技師・田村鎮の設計により、旧近衛師団司令部庁舎として建築された明治洋風レンガ造り建築の一典型として重要文化財に指定されています。

Topへ戻る


はこ展 六人の作家による筥・函・ハコ

 Gallery O2
2011/05
O2
O2

びっしりと花で埋まっている中を覗くと、呪文が聞こえてきそうだ


Gallery O2 は東京大田区大森にあるギャラリー

Topへ戻る


佐合道子個展「蠢」

 Gallery O2
2010/08
O2
O2
セラミック、すなわち一度高温加熱した造形でありながら、溶けるような感触が創出されていることになんとも不思議な印象を覚えます。

まるで何か液状のものが垂れているのを連想させるそのかたちには、釉薬の艶やかさも相まって瑞々しい風合いがもたらされているようにも感じられます。


Gallery O2 は東京大田区大森にあるギャラリー

Topへ戻る


共振する時感(金沢/石川)

 瀬川邸(幸町14-14)
2009/10

 街なかに息をひそめる町家で、金沢在住の二人の作家によるアート作品を展示いたします。

 町家は、人間の生活を内在させながら、人間の寿命よりも長い間、独自の時を刻んできました。

 本展覧会では、鑑賞者と町家、双方の時間軸が響きあう場を創造します。

Topへ戻る


三国湊の路 ・現代アートと文学のアジール・

2009/08

「三國」は「魅國」である。
三国湊に縁のある文芸人やその作品にインスピレーションをうけ、風土や人情を浴びて作品を制作し、三国湊の路に展示します。江戸時代から変わらぬ路筋が、現代アートと文学のアジールとして浮かび上がる。


Topへ戻る



Copyright(c) 2012 Michiko All Rights Reserved.